« CAPD peritnitis その2 | トップページ | さて、耳から。何でしょう? »

2008年2月25日 (月)

学会で初めてお会いした方々

無事環境感染学会は終了しました。HDDクラッシャーでどうなることかと思われたプレゼンも少し時間超過もありましたが、上手くいったかと思います。

でも、裏話ですが、開始時間を間違っていて『少し時間に余裕をもたせて・・・』と思い、行った会場は既に開始直前・・・・。危うく遅刻しそうでした。冷や冷やです。

今回の学会でも色々な人とお会いしました。ブログ愛好家の方とも初対面でしたが、激励の言葉も頂きました。また、続ける意欲が沸いてきました。

でも、思うのが本ブログの作者が何故ばれるかです。正式には非公開(謎が多い方が面白いかな?)になっていますが、初対面の方からは『いつもブログ見ています』とさらり。解りやすいのでしょうか?疑問です。また、次に多いのが『意外に年配の方を想像していました!』というリアクション。そんなに言葉おっさん臭いですかね?次回から略語辞典を購入したいものです(笑)。

何はともあれ、ブログ公開にて情報を共有出来ることは良いことと感じています。今後とも宜しくお願いします。

近日中に、英語版のグラム染色道場(A dojo stadio about the Gram stain)も公開しようと思いますが、世界にはこのような解釈している方いるんでしょうか?その次は宇宙かも?どうでしょうか?

写真は懇親会場で撮影した、長崎龍踊りの龍です。五穀豊穣って意味らいしですが・・・・。

1

|

« CAPD peritnitis その2 | トップページ | さて、耳から。何でしょう? »

その他」カテゴリの記事

コメント

学会お疲れ様でした。学会では自分のポスター発表と管理人様のシンポジウムの時間が重なってしまい、自分の発表が終わってすぐに移動したのですが最後の総合討論しか聞くことができず残念でした。シンポジウム終了後にご挨拶させていただいた者です。このブログはグラム染色とその菌に対して第一選択になると考えられる抗菌剤を結びつけて解説いただいているため薬剤師としてとても勉強になります。今後も勉強させていただきたいと思います。

投稿: 雪だるま | 2008年2月25日 (月) 22時47分

雪だるまさま コメントありがとうございます。でも、本当に良く解りましたよね?雪だるまさんのような方から声援貰えるのは非常に光栄です。元気出ます。グラム染色と第一選択薬を結びつけるのはリスクを伴いますが、経験的な治療をより確固たるもに出来る可能性を占めていると思っています。臓器別の診療に加え、グラム染色での証明は診療に携わる医師に勇気付けるドリンク剤としてあるようなものだと思います。臨床検査技師も臨床微生物学のみの学校教育で、薬理学、感染症学は卒後教育になります。殆どが個人の努力になりますので、薬剤師と言えども頑張れば患者のQOLは向上すると思います。これからも宜しくお願いします。

投稿: 師範手前 | 2008年2月26日 (火) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CAPD peritnitis その2 | トップページ | さて、耳から。何でしょう? »