« 硬膜外膿瘍 | トップページ | 学会終了しましたので、答え掲載します »

2007年11月22日 (木)

大腸の穿孔

週末は日本臨床検査医学会http://www.congre.co.jp/cclm2007/index05.html#101101と近畿医学検査学会http://oamt.jp/kinki/index07.htmlの参加です。

学会の症例カンファでは下部消化管感染症の話題が採り上げられています。さて、どんな検査結果が重宝するんでしょうか?活発なディスカッションに期待です。http://oamt.jp/kinki/index03-09.html

スライドは先日見た、穿孔性腹膜炎の腹水とやらです。本当に腹水なのでしょうか?穿孔ある場合は腸の内容物がいっぱい見えます。塗抹検査は急ぐのでしょうか?答えは学会で。

400 ×400

|

« 硬膜外膿瘍 | トップページ | 学会終了しましたので、答え掲載します »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 硬膜外膿瘍 | トップページ | 学会終了しましたので、答え掲載します »