« 成人眼窩の蜂窩識炎 | トップページ | 今日は膿瘍から連鎖球菌です »

2007年10月12日 (金)

今日も連鎖球菌

本日も溶連菌です。

患者は65歳の女性です。脳梗塞の既往がありますがその他は特に問題ありません。

発熱および血圧低下を催して緊急入院になりました。とりあえずCRXやCT、エコーも採り熱源の検索しましたが何もなく、血液培養は次の日に陽性に・・・。その時のスメアです。

血液培養は2セットとも陽性で、溶血がきつくガスの産生も無い状態です。混濁はなかったです。

連鎖球菌が多数確認され『溶連菌でしょう』と報告。ついでに患者の病巣の検索について色々話を聞きましたが、皮膚に発赤も何もないが、CKは500IU/L。CKのアイソザイムもしましたがBBは陰性です。

じゃ、どこから?単純な菌血症?と思いながらいつものABPC+CLDM開始です。

この時期は多いのかな?と思いつつIDWRの今週号http://idsc.nih.go.jp/idwr/kanja/idwr/idwr2007/idwr2007-38.pdfには8月は少し多いみたいです。フムフム。

単純な菌血症はどれくらいあるのか検索しましたが、以外にあることが判りましたが、この文献の背景に関してどうなのか判りませんが10-20%くらいあるみたいですね。勉強になります。

参考文献

Invasive Group A Streptococcal Disease in Metropolitan Atlanta:A Population-Based Assessment,Clinical Infectious Diseases 1998;27:150–7

INVASIVE GROUP A STREPTOCOCCAL INFECTIONS IN ONTARIO, CANADA,NEJM,Volume 335 Number 8,547-

600 ×1000

|

« 成人眼窩の蜂窩識炎 | トップページ | 今日は膿瘍から連鎖球菌です »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

師範手前さま・みなさま
ご無沙汰しておりました。涼しくなったからか日常業務が急に多忙になりました。覗き見ではいつも勉強させていただいております。ひとつ教えていただきたいのですが、ご呈示いただいたケースでは、この情報・スメアまでで「Group A streptococcusである」ことまではっきりするのでしょうか。高齢者のStreptococcus sp.による菌血症を時に経験いたしますが、いわゆるエントリー(感染巣)がはっきりしないことも時にあり、GroupBのことが多いような気がします。新生児や妊婦さんの感染として有名ですが高齢者でのoccult bacteremia(primary bacteremia)の1つのパターンであると認識しています。基礎疾患として検索するべきものもGASとGBSで異なってくると思いますし・・・レンサ球菌恐るべし、です。
いつも綺麗なスメア写真で参考になります。ありがとうございます。自分もデジカメを顕微鏡におしつけてとっているのですがピントや端の欠けなどなかなかうまくいきません。

投稿: 総合内科医志望 | 2007年10月12日 (金) 20時52分

総合内科医志望さま

久々のコメントありがとうございます。
>ご呈示いただいたケースでは、この情報・スメアまでで「Group A streptococcusである」ことまではっきりするのでしょうか。の件ですが

スメアの状況に加えて血液培養の状態(溶血が強い)などから溶連菌の可能性が高いと言えるでしょう。ビリダンスや腸球菌、肺炎球菌はどうなの?と疑問をもたれるかもしれませんが、
それぞれα溶血を起こす菌なので溶血は弱く、しかも混濁しますので菌がわかりますし、ビリダンスなどは明らかに長い連鎖、腸球菌はやや長細い、肺炎球菌は莢膜で鑑別可能です。
溶連菌でもGBSとGASはどうか?と思いますが、GBSはやや丸みを帯びた中型の菌で黄色ぶどう球菌と同じくらいでしょうか?GASはさらに一回り小さい菌になります。連鎖は比較的長くないので見分けをつけるのが難しいですが、溶連菌の症例はあと数例続きますので更に皆さんで検討していきたいと思います。またコメントお待ちしています。

投稿: 師範手前 | 2007年10月15日 (月) 11時42分

師範手前さま・みなさま
ご教示ありがとうございます。当院でも細菌検査の技師さんから同定途中の菌株についてコロニー性状やにおいなどから「○○っぽい」とよく教えてもらっています。自分は不勉強でいまだに分かりませんが・・・。感染症診療を多く担当する臨床側からするとこういった情報は非常に助かります。「○○っぽい」はほとんど当たっていますし・・・。パソコン上での検査結果を待つだけのドクターよりもかなり早くいろいろな情報を知りえますし検査の落とし穴についても知ることができます。研修医の先生方にも「とにもかくにも検査室へGO」と伝えています。
またよろしくお願いいたします。

投稿: 総合内科医志望 | 2007年10月15日 (月) 15時19分

総合内科医志望さま
ありがとうございます。『○○っぽい』てのは検査技師ならではの報告かな?と感じます。本心、これって決めていても確信がないことが多いので、明らかな集落の性状を認めないとさすがにそうとは言い切れない状況も多いです。
実際、塗抹で言い切った晩は安心して寝れないこともあります。心労に良くないですね。『○○っぽい』って言ったときの方が少し楽ですが、楽な分先生には負担を掛けているのではと思いますので、私は出来るだけ言い切るようにしています。検査室は宝箱です。空けたら以外に有用な情報が詰まってますよね。

投稿: 師範手前 | 2007年10月16日 (火) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成人眼窩の蜂窩識炎 | トップページ | 今日は膿瘍から連鎖球菌です »