« 子宮内の膿瘍です | トップページ | 100回目です。プチ自慢 »

2007年8月17日 (金)

グラム陽性の大型桿菌を見比べましょう

本日は血液培養陽性が何例も続きました。その中でグラム陽性桿菌が2例出ました。

症例1:特記すべき既往などなし。左手の紅斑主腫を認め発熱もあり。血液培養を2セット採取しましたがそのうちの1本(好気ボトルのみ)陽性になりました。溶血は特になく、ガスの産生もありませんでした。

症例2:発熱を来たした直腸穿孔術後7日目の方です。下痢と発熱が主症状です。血液培養を採取して1セットのうち1本陽性(嫌気ボトル)になりました。血液は溶血し、ガスも内部に貯留していました。

症例1はスメア+好気ボトルのみに発育があることBacillusの可能性があり、症例2はスメア+嫌気ボトルのみ発育があることからClostridiumの可能性が高いことが直ぐに理解できますか?

下記にスメア掲載しますが見比べて下さい。

症例1の方はやや菌の辺縁が丸みを帯びています(何回も見ると判ります)

症例2の方はやや菌の辺縁が角ばっています。(何回も見てください)

培養したらわかりますが、次の日が待てる状況もあります。Clostridiumであれば重症化すする危険性が高いですが、Bacillusであればコンタミのルールアウトが必要です。同じようなスメアでも大きく分岐する点です。人生ゲームで言うと最後の升目くらいになることもあるでしょう。怖いですね。

400_3 症例1(×400)

400_4 症例2(×400)

|

« 子宮内の膿瘍です | トップページ | 100回目です。プチ自慢 »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子宮内の膿瘍です | トップページ | 100回目です。プチ自慢 »