« 材料はいつまで有効なん?喀痰のスメアから・・・ | トップページ | プロカルシトニンの簡易キット »

2007年8月10日 (金)

血便襲来

先日キャンピロバクターの便を見せましたhttp://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/2_936f.htmlがあれが表現では粘血便、マーブル様の便です。少し違う血便も掲載しますが、違いを認識して下さい。GE腸注した後でも判ります。単に漠然と『血便』とカルテに記載しても良いのですが、少し便の性状について具体的に記すのも有用な臨床情報となります。今回は鮮血便ですが、O-157の時に出易いと言われています。また、潰瘍性大腸炎などでも出るのでしょうか?皮疹では少し違いと書くことが多いですよね。同じことです。少し見比べてくださいね。

Photo_21 粘血便(マーブル様便)画像が小さいので(http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/2_936f.html)も参照して下さい。

Photo 鮮血便

|

« 材料はいつまで有効なん?喀痰のスメアから・・・ | トップページ | プロカルシトニンの簡易キット »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 材料はいつまで有効なん?喀痰のスメアから・・・ | トップページ | プロカルシトニンの簡易キット »