« エンテロバクター(Enterobacter spp.) | トップページ | グラム染色の研究会が終わりました »

2007年8月31日 (金)

グラム染色の研究会

日曜に『グラム染色から学ぶ感染症診断・治療研究会』が大阪で開催されます。

私も世話人で参加させてもらう予定ですがドキドキです。初めての企画(全国的に見ても?)なので上手くいくでしょうか?実際にグラム染色を見て貰い自分で回答したり、カメラ付きの顕微鏡でのレクチャー、グループディスカッションしたりと盛りだくさんの企画です。感染症や感染管理に興味のある医師、研修医、看護師、臨床検査技師、薬剤師さんが総勢80名近くになりました。皆さんでこのような基礎医学に関して興味をもたれて共学することは非常に有用だと思っています。

また、感想は報告しますね。

今日は初心者が陥り易いものを掲載します。

アーチファクトですが、もちろん染色には無機物を使いますので色素の結晶などはつき物です。写真はクリスタル紫の結晶です。夏場は室温も影響してか見られないことが多いのですが、冬場はさすがに染色液も冷え切っていますので良く見られます。染色する前には少し温めて(人肌程度)使用すると、塊もなくキレイに染まります。バーナーで決して炙ったり、レンジで”チン”は危ないのでしないで下さいね。直ぐに使用しないでお湯なので加温して下さい。

クリスタル紫の結晶は、キレイな長い結晶になります。染色を見慣れないうちはグラム陽性桿菌に間違えても可笑しくないのかもしれません。間違いもそのうち糧になりますが間違いのまま進めば恐い話です。

Photo_2 

|

« エンテロバクター(Enterobacter spp.) | トップページ | グラム染色の研究会が終わりました »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンテロバクター(Enterobacter spp.) | トップページ | グラム染色の研究会が終わりました »