« 明後日から全国研修会です | トップページ | やはり師範手前です・・・ »

2007年7月30日 (月)

お蔭様で無事終了しました

7月26日~28日まで神戸大学で開催していました全国研修会http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_a280.html終わりました。当日は30℃を超える猛暑の中、講義に実習に研鑽できたと思います。私も実務で参加していましたが実務委員の皆様大変そうで・・・。何はともあれ皆様お疲れ様でした。

講義では内容は素晴らしいものだったのは言うまでも無いのですが、関西なんで『笑い』のある内容だった先生もいらっしゃいましたが、そこは全国から来られているせい?もあり、少しあっけにとられていた受講生もあったような感じがします。関西では仕事(講義)の中にも笑いが混入することは茶飯ごとと思っています。皆さん笑って下さい。(突っ込みも歓迎です)

ナイトセミナーで『細菌検査と外部委託』についてみんなで話しました。

①迅速性のある検査

②臨床に有用のあるデータの報告

③外注先の管理と情報交換

が皆さんの共通意見だったと思います。

まとめると『旨い、早い、安い』の3拍子揃った業者に対抗するのは検査の資質だということになります。外注化が悪い訳ではありませんが、外注では出せない検査結果を院内で出すことで、外注化の波は堰き止められます。MRSAと一緒で共存化の時代ですね。

これは実習風景です。最初の実習の真菌の同定でしたスライドカルチャーです。県立尼崎病院のK先生他、実務担当者が苦労して作成して頂きました。綺麗なスライドだったと思います。(本当は夜の皆さんを掲載したかったのですが、放送コードに引っかかると不味いので昼間にしました。)

受講生の皆様本当にお疲れ様でした。良ければ書き込みもお願いします。

Dsc01571

|

« 明後日から全国研修会です | トップページ | やはり師範手前です・・・ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明後日から全国研修会です | トップページ | やはり師範手前です・・・ »