« カンサシー | トップページ | 溶連菌の関節炎 »

2007年7月11日 (水)

抗酸菌で菌の同定は可能か?

先日、迅速診断研究会でお会いした技師さん同士で少し話題になりましたが、抗酸菌の同定(菌種の推定)がスメアで可能か?とのことです。結核指定医療機関で働く私としてはほぼ可能かと思います。でも日常『抗酸菌塗抹陽性や・・・。どうしよう・・・。』とハラハラと検査している医療機関だと陽性スメアを見る機会が少ないので慣れないと思います。スメアは結核菌とM. aviumを並べてみました。

結核菌:特有のコード形成をして、やや固い感じに染色される抗酸菌です。菌の辺縁を見るとやや角ばった形態で見えること。

M. avium:コード形成することはありますが、結構菌はバラけて、辺縁がやや丸いこのが多いです。菌体はやや柔らかく染色されます。

やや違いが分かりますか?

Photo_80 結核菌 ×1000

600_13 アビウム ×1000

|

« カンサシー | トップページ | 溶連菌の関節炎 »

その他」カテゴリの記事

コメント

通りすがりに失礼します。
抗酸菌のコード形成とはどんな状態の事ですか?

投稿: nico | 2009年8月16日 (日) 10時57分

コード形成とは同一方向に集族した塊の事で結核菌の特徴です。非結核菌にはあまり無い像です

投稿: 師範手前 | 2009年8月18日 (火) 00時55分

師範手前さま

お答ありがとうございます。
勉強になりました。今後、液体培地の塗抹など見る時には参考にさせていただきますm(_ _)m

投稿: nico | 2009年8月18日 (火) 19時49分

nicoさま
液体培養の培養液ならキャピリア当てた方が早くないですか?
うちは直接塗抹の時に推定したりしますが。カンサシーなんかは100パーセント正解します

投稿: 師範手前 | 2009年8月19日 (水) 22時11分

師範手前さま

鏡検で確定するだけの自信はないのでキャピリアは必ず行います。

液体培養陽性で機械から落ちた検体を抗酸菌陽性かどうかトマツ(蛍光染色)で確認しています。その時に菌が繊維の塊のように見えるものがあります。それが師範手前さまの言われるコード形成のようなものかなと思います。それをチェックしつつ、キャピリアを行いたいなと思います!まだまだ全然菌体をみただけでは菌の推定は難しいです~

加えて、お聞きしたいのですが、
キャピリアで検出している類似蛋白を結核菌群以外の菌が産生していてTB偽陽性となる事もありますか?

投稿: nico | 2009年8月31日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カンサシー | トップページ | 溶連菌の関節炎 »