« グラム染色で見える結核菌 | トップページ | 今週伺いますので宜しくお願いします »

2007年6月25日 (月)

血液培養陽性事例の探求

30歳女性。発熱のためスケジュール通りに血液培養を2セット採取しました。翌日陽性になった訳でいつも通り染色して見ました。そのときのスメアです。当直のため内科の当番医師が対応になりましたが、『どういう状況ですか?』と血液培養陽性の状況について聞いてきました。さあどういう解釈をして伝えましょうか?

①おおよその菌種を伝える

②今菌種が不明でも、何時間後に追加情報を得られることを伝える。

③同定・感受性がいつごろ結果でるか伝える

のうちどれかだと思います。

スメア以外にも血液培養陽性時の血液培養機器の画面も見せます。診療科の先生はこういうの見たことないですよね?多分・・・。CO2ガスの増殖を対数曲線にして、接線の傾きにより陽性シグナルが鳴るように設定されています。陽性時間が表示されています。菌によっては少し特徴があるので検査室としては有用な情報になります。

Photo_71×1000

Photo_72 血液培養の陽性曲線

|

« グラム染色で見える結核菌 | トップページ | 今週伺いますので宜しくお願いします »

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

コメントが無いので・・・

今回の症例ですが、血培2セットでぶどう球菌が確認できていることから、起炎菌の可能性が高いと思われるコメントを報告すべきでないでしょうか?

ただ、起炎菌の状況のみでは不足しがちなので、ただぶどう球菌でなく、恐らく大半の症例で、臨床医が聞きたいのは黄色ぶどう球菌かどうか、欲を言うとMRSAかどうかです。
通常ぶどう球菌で黄色ぶ菌かどうかは分離培養して4-6時間でコアグラーゼテストが可能かと思いますので、朝陽性なら夕前には黄色ぶ菌かどうかの判定は可能です。更に朝の塗抹で使用した菌を感受性培地に接種してオキサシリンの阻止円を夕方に測ることが出来ることもあります。夕方にはMRSAかどうかの判定がつきます。ただ、このような一連の検査ができない場合や、細菌検査室が無い施設の場合は何も判断できませんが、抗菌薬が入っていない状態で血培陽性になった場合、CNSでは1-2日も経ってから陽性になる場合もあります。コンタミの場合は陽性時間が延びるケースもあるので、1日以内の陽性に関しては積極的に介入すべきと思います。ただし、2セット採るのが条件です。
通常ですと、血培陽性が半日、感受性が18時間ですので、1.5日もあれば同定感受性は可能です。今は迅速感受性キットもあるので、当日中の報告も可能ですが、VCMなどの遅く効果のある抗菌薬は少し正規のものとずれる場合があるのであくまでスクリーニングの扱いが必要です。

投稿: 師範手前 | 2007年7月18日 (水) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラム染色で見える結核菌 | トップページ | 今週伺いますので宜しくお願いします »