« 過去の履歴が見難いので | トップページ | 血液培養陽性事例の探求 »

2007年6月23日 (土)

グラム染色で見える結核菌

結核菌はグラム染色でどっちになるでしょうか?と学生に良く訪ねますが、正答率は50%くらいですね。グラム陽性菌に分類されるのでClostridiumやCorynebacteriumと同じように見ては見れません。抗酸菌なのでグラム陽性でもややまばらに染まります。ムッフの顆粒とも言いますが、薄く染まりの悪いグラム陽性菌が見えます。ただ、2+(G5)~3+(G9)程度の排菌量でしか確認できないと思ってください白血球に貪食されている像も見えますので、白血球内も良く観察してくださいね。グラム染色より先に抗酸菌染色で確認できますので、臨床的には結核を強く疑うためグラム染色はしないこともあるのでしょう。ただし、加療をいくつもされているのでMRSAが同時に検出されます。ピットホールになります。

結核菌のグラム染色載せておきますね。

Photo_70 ×1000

|

« 過去の履歴が見難いので | トップページ | 血液培養陽性事例の探求 »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去の履歴が見難いので | トップページ | 血液培養陽性事例の探求 »