« 本日は非常に難しい喀痰スメアです | トップページ | 閉塞性胆管炎の胆汁 »

2007年6月20日 (水)

Gecklerなんぼやねん?

こういったスメアがあります。先日の難しいスメアは行き過ぎなので少し簡単に解釈します。

喀痰のスメアですがいつもの顕微鏡的品質管理をしようとして100倍スメアを観察しました。まずは基本的なことからGeckler分類をしようと思います。100倍のスメアを確認しますが、単に色あい、大きさを重視してみますと「Geckler 4か5?」と言いたくなりますが、良く見ると違うことが判ればもうあなたも段持ちです。

次に1000倍のスメアですが記入したように好中球も多いのですが、中ほどに円柱上皮が多いことがわかります。特に集塊を形成しているのは上皮がごろっと剥離したことが良く伺えます。扁平上皮の深層部分もこのような大きさに見えますが、核が濃染色し、細胞質にグリコーゲンが多く見えることがあるので、円柱上皮との鑑別ができるかと思います。

この疾患ですが、上皮剥離を伴う疾患なのでマイコプラズマも考慮する方が良いかもしれません。あくまで臨床症状ありきですが。

400_6 ×200(100倍では少し見難いので200倍にしました)

600_9

×1000

|

« 本日は非常に難しい喀痰スメアです | トップページ | 閉塞性胆管炎の胆汁 »

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

スメアのなかに細胞についてのコメントをしていただき、また勉強させていただいています。

喀痰で、こういうスメアをたまにみます。
100倍でみると、全て好中球なのですが、1000倍にすると、核がしっかり染まり、細胞質がはっきりしないものがみえ、好中球ではなさそうな気がするけど、リンパ球?上皮細胞?もしかして扁平上皮?と悩むことがあります。
今回の1000倍の画像で、上部にある円柱上皮は細胞質がみえてなんとなく理解できるのですが、上皮細胞の塊とコメントしてある細胞は、何に部類したらよいか、迷うと思います。

グリコーゲンの蓄積はグラム染色でわかるものなのでしょうか?

ところでフィブリンなのですが、南北方向に走る、線状のものを指しておられるのでしょうか?

半人前にもみたない初歩的なコメントと質問で申し訳ありません。
ご教授お願いします。

投稿: 半人前 | 2007年6月21日 (木) 00時38分

>上皮細胞の塊とコメントしてある細胞は、何に部類したらよいか、迷うと思います。

ですが、一部核が偏在しているところを見ると円柱上皮になろうかと思います。

>グリコーゲンの蓄積はグラム染色でわかるものなのでしょうか?
少し判ることもあります。細胞質がやや膨らみ核がはっきりと確認できない状態のものがそうです。尿ちんさを応用できます。ただし、ウイルス感染細胞なども少し膨張しますので注意です。

>フィブリンなのですが、南北方向に走る、線状のものを指しておられるのでしょうか?
そうです。繊維状に広がっているものです。ウイルスでは出にくいのでしょうね。

投稿: 師範手前 | 2007年6月21日 (木) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日は非常に難しい喀痰スメアです | トップページ | 閉塞性胆管炎の胆汁 »