« 先入観あると難しいもんです | トップページ | 非特異的な菌の骨盤内膿瘍ですか? »

2007年5月22日 (火)

先日の説明会(病原体管理規定)の件ですが

昨年の12/8に改正感染症法の公布があり、4/1施行になったのは皆さんご存知のことと思います。先日6/1施行分の『病原体等の管理体制の早期確立』についての適正管理に関する説明会があったので聞いてきました。

病原体は感染症の分類(1類~5類)に関係なく人体に対する危険性や社会に対する危険性など加味した上での分類が1種~4種まで分類されています。「byougentaikanrikitei.pdf」をダウンロード 1種は何人たりとも所有してはならないもの(例:エボラウイルスなど)、2種はSARSウイルスやペスト菌などになります。(持つ人居るの?どうやって手に入れるの?と思っています。)バイオテロリズムも想定したものだということになります。

市中病院の私にとっては1種や2種までは現段階で縁遠いもので、身近なものは3種と4種です。4種は日常遭遇する赤痢菌やO-157などが入っていますが、結核菌も入っています。しかし、結核菌の場合は多剤耐性(RFPとINHに耐性のもの)の場合は3種に格上げです。3種には他にQ熱コクシエラなども入っていますが。3種が4種と大きく違うものは病原体の保有運搬に関する事項で、保有(10日以上の一時保管も含む)する場合は7日以内に厚生労働大臣に届出が必要になるようです。また運搬に関してはWHOの規定に基づく容器(1万円弱/個)で運搬許可を公安委員会に取って運搬になります。運搬は輸送の手段(車など)をどの経路で何時~何時まで運搬すると記載して申請しないといけないようです。基本的に郵政公社であればOKのようですが、もちろん配達記録になると思いますが、フランチャイズでしている郵便局宛などで郵送する場合は大丈夫なのでしょうかね?少し疑問に思います。ただし、多剤耐性結核菌と判明しなければ4種になるわけで、感受性未実施の場合は4種になるようです。極端な場合は感受性で多剤耐性でも結核菌と同定しなければ4種にも該当しないようです。意図的に隠蔽するようなことをしたと判った場合は罰則(罰金)があるみたいです。結核菌の塗抹・培養のみ院内で実施している施設が多いと思いますが、感受性を外部に委託する場合は4種で、感受性が判明してRFP、INH耐性であれば3種になります。当然外部委託業者は3種保持をするため届出も必要になっくるのじゃないですか?じゃあ、菌株を依頼元に変換する場合も運搬許可を取らないといけないですし、時間がかかる場合は廃棄になります。廃棄も滅菌譲渡書を残さないといけないようです・・・。外部委託業者も泣かせる状況かもしれません。説明して下さった方は『実勢を調査した上での今回の施行になります・・・』と言っていましたが、本当??と思う施設もあるでしょうね。でも、バイロテロに対応するには施設基準を上げることも社会性には必要なのかもしれませんが・・・。

塗抹は血液培養陽性のグラム染色です。抗癌化学療法中の患者から採取されました。1.5日で陽性になっています。これでは絶対判らないと思いますので培養の性状を書きます。グラム陰性の短桿菌でオキダーゼ陽性です。マッコンキー培地(グラム陰性桿菌の選択培地)では発育しないで、血液培地ではやや光沢のある白色集落(1mm以上)でした。これで何菌かわかりますよね?市中の病院では年に2-3回お見かけしていると思いますよ~~。

Photo_45 ×1000

|

« 先入観あると難しいもんです | トップページ | 非特異的な菌の骨盤内膿瘍ですか? »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

コメント

血液寒天に光沢のある白色コロニーを作って発育し、マッコンキーに発育しない、オキシダーゼ陽性のグラム陰性短桿菌…。

P.multocidaでしょうか?

私は経験が浅いので、まだ、血液培養から検出されたPasteurellaは実際にみたことはありませんが、先日、創傷感染部位から検出されていました。

投稿: 半人前 | 2007年5月24日 (木) 02時04分

半人前さま 鋭い回答ありがとうございました。パスツレラ感染症です。検査で培養していたらたまに遭遇しますよね。肺炎までいかずに気管支炎など散見すると思います。気管支拡張を伴う(罹患したので拡張する?拡張があるので罹患する?双方分かれていますが・・・)。コメントありますようにマッコンキーに発育のない血液寒天に光沢のあるグラム陰性桿菌でオキシダーゼ陽性であれば直感的に”パスツレラ?”となりますよね。創感染は咬傷でしょうか?ペットの飼育歴は聞くことでしょうね。

投稿: 師範手前 | 2007年5月24日 (木) 11時50分

遊びにきました.

パスツレラ感染症については,以前,私のブログにも掲載しましたので,こちらもご参照ください.

http://idconference.cocolog-nifty.com/idconference/2006/10/721_cc7a.html

私も血培でパスツレラが出た経験はありません.症例報告レベルではないでしょうか?

投稿: ID Conference管理人 | 2007年5月27日 (日) 00時53分

血培からパスツレラが珍しいですかね?うーん今まで何例も見てきたので気になりませんでしたが…。調べてみます。この患者はやばりイヌを飼っていたようです。軽度の肺炎を合併していたようで。今回はケモが発端で進行し血培をうまいタイミングで採ったので検出されたのじゃないかと思ってます。治療などの方針・参考文献はID-CONFERENCE管理人様のブログを参照するようにしましょう。

投稿: 師範手前 | 2007年5月27日 (日) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先入観あると難しいもんです | トップページ | 非特異的な菌の骨盤内膿瘍ですか? »